株式会社創研
リフォームメニュー

介護

[介護]
  • 手すりの取り付け:約3万円など
  • 暖房便座トイレへの取り替え:約2万円
  • 1日(手すりの取り付けなど)
  • 手すりの取り付け
  • 建物内外の段差の解消
  • トイレの取り替え
  • 床材の貼り替え
  • 引き戸などへの扉の変更
プロに聞く!上手なエクステリアリフォームのコツ

介護リフォームとは

大切なご家族が要介護になったり、体が不自由になってきた場合、少しでも生活しやすいようにと思われるでしょう。
介護リフォームの主となるのが、手すりを取り付けたり、床面の段差をなくしバリアフリーにする、滑りにくい床材を使う、トイレを和式から洋式に取り替えるなどです。
さらに、車椅子が必要となった場合は、車いすでも使いやすい床材に貼り替える、扉を開き戸から引き戸に替え車椅子でも出入りしやすいようする、といった工事もあります。

介護保険を活用しましょう

介護保険に加入している場合は、介護リフォームに関して最大20万円が支給されます(自己負担が1割なので、実質は18万円となります)。
1回の工事で20万円限度ではなく、何回かに分けることも可能ですので、計画的に実施していくといいでしょう。
介護保険を利用するには市町村への申請が必要です。
申請に際しては、どのようにリフォームするかという図面や細かい見積もりが求められます。
工事を分割して行う場合の長期的な計画も含めて、創研は申請に関するさまざまな作業をお手伝いします。
お気軽にご相談ください。

まずケアマネージャーに相談を

介護保険を利用してリフォームをする場合は、まずお客様のご家族を担当しているケアマネージャーと相談していただくことになります。
ケアマネージャーは、介護のプロです。家族同様に介護者のことを理解し、何が必要かを考えてくれます。
一人ひとり不自由な部分や可能な動きが異なるので、どんなリフォームをすればいいのかも各々違ってきます。
その方にとって効果的なリフォームについて、まずケアマネージャーに判断してもらいます。
その内容を基に、ご家族とさらにご相談しつつ、創研が具体的な方法をご提案いたします。

温度のバリアフリー化も大切です

建物のバリアフリー化と共に、高齢の方にとって大切なのが、室内の気温差を少なくすることです。
暖かい居間から寒い廊下やトイレへの移動、浴室から脱衣所に出たときの急激な温度差によるヒートショックは、体に大きな負担を与えます。
リフォームを検討しているなら、外壁に断熱材を入れたり、浴室を断熱仕様のユニットバスにしたりといった工事もぜひお考えください。
介護者に限らず、断熱性能の高い家に住むことで、夏涼しく冬暖かさを感じられ、家族の皆様にも満足いただけると思います。(ただし、介護保険の対象とはなりません)

介護施工事例

フリーダイヤル0120-33-1966
お問い合わせ