株式会社創研
リフォームメニュー

給湯器

[給湯器]


【ガス給湯器の取り替え】
  • 追い炊きタイプ(従来タイプ)戸建て用:約12万円~
  • 追い炊きタイプ(従来タイプ)マンション用:約16万円~
  • 追い炊きタイプ(エコジョーズタイプ)戸建て用:約16万円~
  • 追い炊きタイプ(エコジョーズタイプ)マンション用:約20万円~
  • 給湯タイプ:約6万円~
【取扱いメーカー】ノーリツ・リンナイ・パーパス

  • 給湯器の取り替え工事は1日です。
プロに聞く!上手な給湯器リフォームのコツ

ガス給湯器の最適な交換タイミングは?

給湯器の寿命は約10年~15年と言われています。消耗品としての部品が数多く使用されているため、経年劣化を避けることはできません。
特に季節の変わり目の、冬場から春先にかけては給湯器の故障する頻度が高く、緊急に交換を余儀なくされることが多々見られます。
給湯器はメンテナンスをする機会がなかなかないため、最終的には買い替えるしかありません。
急がなければ、商品の内容や値段をよく吟味した上で比較検討できますが、急を要する交換となると、仕方なく高い買い物をせざる得ない場合がほとんどです。
そこで、そうならないために下記のような症状が見られた場合は、給湯器の使用年月を把握したうえで、計画的に交換することをお勧めします。

  • 給湯器から異音がする・・大きな着火音や給湯中の大きな音は要注意です。
  • お湯の温度が不安定・・急にお湯の温度が高くなったり、低くなったり、お湯の出が悪くなったりするのは、設定温度調節機能がうまく働いていない症状です。
  • リモコンにエラーコードが表示された・・エラーコードが表示されたり、リモコン自体が表示されなくなったりするのも寿命のサインです。早めの交換の検討をお勧めします。

これからのガス給湯器は「エコジョーズ」がおすすめ

「エコジョーズ」は、これまでの給湯器ではお湯を沸かす時にでた高温の燃焼ガスをそのまま排気していたのに対して、そのガスを再利用する仕組みを持つ給湯器で、燃焼効率を高め、従来のタイプと比較して、少ないガス量でお湯が作れるのが特徴です。
そのため、年間のガス代の節約になり、従来タイプより本体機器代は高くなりますが、年間で約10000円節約でき、約5年で元が取れることになります。5年目以降は従来タイプよりお得になる給湯器です。
設置工事においては、従来タイプと異なり、ガス燃焼時に排水があるため、専用のドレン配管工事が必要です。戸建て住宅の場合、給湯器そばに接続可能な雨水マスまたは汚水マスがあるとスムーズに配管工事が行えます。
マンションの場合は別途専用の器具を設置することで、設置が可能ですが、スペースの関係で器具の取付ができない場合がありますので、事前に調べてもらうことが必要です。
エコジョーズは家計にやさしいだけではなく、CO2排出を抑えるエコロジー商品です。地球にやさしいこれからの給湯器としてもぜひご検討されてはいかがでしょうか?

フルオートタイプとオートタイプ、号数の違い

追い炊き機能付きの給湯器の場合、フルオートと、オートタイプがあります。違いはお湯の足し湯機能があるかないかです。

  • オートタイプ:お湯はり・追い炊き・保温が自動です。
  • フルオートタイプ:お湯はり・追い炊きが自動なのに加えて、減った分のお湯を自動的に足し湯し、元のお湯の水位にし、設定温度に保温します。

ご家族が多かったりする場合、入るたびに足し湯することがなくなるので、フルオートタイプをお勧めしています。
給湯器には16号や24号など号数がつけられています。
これはお湯を作る給湯能力を表す数字で、1分間に25度水温を上げることができる水量(リットル)のことです。
例えば20号の給湯器の場合、水温15度から40度に上げたお湯を1分間に20リットル作ることができます。
それが16号だと16リットル、24号だと24リットルできるわけです。
ご家族の人数に合わせて号数を選ぶと、家族4人だと24号、ご夫婦2人だと20号が目安です。

リモコン機能のあれこれ

リモコンは各メーカーごとに様々なタイプがあり、そのデザイン性、操作性、機能性を比較しライフスタイルに合わせて選ぶことができます。
エコスイッチ機能付タイプでは、自動エコ運転、給湯温度少し控えめ、保温温度少し控えめ、お湯はり少し控えめなどで、節ガス、節水ができる専用ボタン付のものや、お手持ちの音楽プレーヤーを台所リモコンに接続するだけで「おふろ」と「台所」で好きな音楽が聴けるBGM機能付きのもの、また、インターホン機能のあるものなど様々です。
価格を抑える場合には、シンプルリモコンタイプもあります。
各社ごとに工夫がされていますので、ぜひ比較してご検討下さい。

その他の給湯器

給湯器はお湯を作る以外の機能もたくさんあり、豊富な選択肢から選ぶことができます。

エコキュート
電気温水器が電気でお湯を沸かすのに比べ、エコキュートは空気の熱を使ってお湯を沸かすのが特徴です。
電気代の安い深夜電力を利用してヒートポンプを稼働し、お湯を作るので電気温水器に比べ大変光熱費が安く抑えられます。
4人家族向けで「370L」タイプを設置する場合初期投資として50万から60万程度かかります。

エコフィール
エコフィールとは高効率型の石油給湯器です。排ガス中の熱を回収して再利用して熱効率を高め灯油の使用量を節約し、CO2の排出量を削減する環境にも優しい石油給湯機です。
お湯を沸かすときに発生する温水機器の排熱を上手に利用することで省エネを実現しています。
災害時には灯油は取扱い易く、安全に運べるなど、生活を守るうえで、近年見直されています。

エコウィル
ガスを使ってエンジンを回し、電気を作りながら排熱を利用してお湯も作る1台2役の給湯器です。
1台で電気もお湯も作れ、優れた給湯器ですが、初期投資としては80万円程度かかります。

エネファーム
エコウィルがエンジンで発電機を回すのに対し、エネファームは燃料電池というLPガスや灯油に含まれる水素と空気中の酸素を結合させて発電すると同時に、発生する排熱を利用してお湯を作る1台二役の給湯器です。
燃料を燃やさない為、環境にやさしい反面、初期投資として300万近くかかります。

床暖対応給湯器
給湯器はキッチンやお風呂に使用する以外にも床暖房や浴室暖房乾燥機に利用できる多機能タイプのものもあります。
ライフスタイルに合わせ、より快適で経済的なタイプだけでなく、機能性も十分考慮して選択することが大切です。

ハイブリッド給湯器
ガス給湯器のエコジョーズと、エコキュートを合わせた、ハイブリッドタイプの給湯器です。
電気のヒートポンプは少ない電気量で効率よく湯を沸かします。ガスのエコジョーズは使いたいときにいつでも十分な給湯を実現。
このふたつの機能を、暮らしの時間帯や用途に合わせて最適に使い分けます。
電気だけに頼らない、ガスだけに頼らない、これからの給湯器として大変注目されています。初期投資は60万~70万です。

給湯器は近年さまざまなものが開発商品化されています。
ある日いきなり「お湯が出ない」といって、特に検討する猶予もなく購入してしまうのは大変もったいないことです。
給湯器の役割が、私たちの生活に占める割合はどんどん広がっています。
毎日の暮らしがとても快適で経済的なものになるよう、給湯器についてご理解いただけたらと思います。

給湯器施工事例

フリーダイヤル0120-33-1966
お問い合わせ