株式会社創研

台湾トイレ事情-1

前回のイタリアにならって台湾のトイレ事情も報告します。

『やっぱり!』っというか、思った通りウォシュレットはどこにもありませんでした° 😥 

取り立てて何もないです。ただただウシュレットが無い… せめて、暖房便座でもあれば良いのに。今は夏だけど、冬は大変だなぁ~ と思います。

イタリアと違うのは有料トイレはありませんでした。観光地のトイレはどこも無料で使えます!ガイドの人には『臭いよ』っと言われましたが、そんな事もなかったし、比較的きれいだったと思います。

メーカーは日本メーカーは無かったですね。TOTO、LIXIL、Panasonicがもっと頑張って世界中にウォシュレットを販売して欲しい!!

 

ちなみにトイレットペーパーはどれも柔らかかったです 🙂 写真右にあるタイプか、右にある大きなタイプ(昔の高速道路のPAにあったやつです)でしたね。

左の写真で見えてると思いますが、トイレットペーパーの芯の部分の直径が大きんです。なんか紙が少なくてもったいないですよね。

※ ちなみにウォシュレットはTOTOの温水洗浄便座の商品名です。LIXILはシャワートイレですね。なので、本当は温水洗浄便座と言わないといけませんが、ウォシュレットと書いちゃいました。すみません

企画室 田辺

  • 2019年08月31日 更新
フリーダイヤル0120-33-1966
お問い合わせ