株式会社創研

水たまりとおさらば!ベランダ防水工事 船橋市

工事概要
  • 〔住所〕船橋市飯山満町
  • 〔工事名〕ベランダ防水工事

  • 〔工事内容〕
    経年劣化によりベランダの床にヒビが入り、雨水が溜まりやすくなっていました。
    今回はウレタン防水通気緩衝工法という防水工事を行います。通気性能を有する通気緩衝シートを貼付け、その上に塗膜防水材を塗布することで形成される防水工事です。雨水等の水分をシャットアウトすると共に、膨れの原因となる下地に含まれている蒸気化した水分を脱気装置にて外部に排出させる安全で信頼性の高い工法です。

工事施工前

施工前の様子です。ベランダのコンクリートにヒビが生じています。これを放置しておくと雨漏りに繋がる可能性も・・・

色あせや劣化の様子が月日の経過を感じさせます。

掃除後にひび割れ箇所にシーリング処理を施します。

壁際の溝の部分もきちんと防水処理をしていきます。

工事施工中

プライマー塗布をします。ウレタンの吸い込みを止め、密着性を高めるための下地材となります。

通気緩衝工法用のシートを貼り付けていきます。下地からの水蒸気を脱気筒から逃がすことで膨れを防ぎます。

ステンレス脱気筒設置の様子です。防水層の膨れを防ぐために蒸気の逃げ道をなる筒です。

ウレタン樹脂を塗布します。継ぎ目を作らないようにウレタン樹脂を一気に流し込みます。同様の作業を2回行い、膜厚をつけます。

工事施工後

ベランダ防水工事が完了しました。

ツヤが出ていて、水をはじく様子が目に浮かびますね!

その他の施工事例もご覧ください。

フリーダイヤル0120-33-1966
お問い合わせ