株式会社創研

タスマジックを使って屋根補修後、塗装工事 船橋市

工事概要
  • 〔住所〕船橋市前貝塚
  • 〔工事名〕外壁・屋根塗装工事

  • 〔工事内容〕
    《外壁塗装》
    日本ペイント
    ニッペパーフェクトトップ
    ベースカラー 日塗工番号 19-20B 蝋色(ろういろ)
    アクセントカラー 日塗工番号 19-65B ミディアムグレー

    《屋根塗装》
    日本ペイント
    ニッペサーモアイ
    色:クールコーヒーブラウン

    《その他》
    サイディング・サッシ廻りシーリング工事
    雨樋塗装
    破風板・軒天塗装
    スレート屋根補修(タスマジック仕様)

中古住宅を買って

中古住宅を購入したためメンテナンスが必要だったし、屋根の状態も知りたかった。

創研からのご提案

現場調査したところ、屋根に破損が見受けられました。破損した破片がすべて屋根に残っていた為、タスマジックという補修材で屋根を補修した後で塗装工事を提案しました。

お客様との出会い

相談会のチラシをご覧になり、塗装セミナーに参加されました。

工事施工前

築10年で塗装の時期に入っていました。
中古で買われたという事で、建物のメンテナンスに対して意識が高いようでした。

外壁の目地です。
10年ということで、痩せているようです。

屋根を点検しました。ヒビが見受けられました。
日差しによる色褪せも見受けられます。

屋根の一部が割れて落ちていました。
確認した所、飛んで行ったものはありませんでした。そのため、タスマジックという補修材で補修できます。

工事施工中

タスマジックでの補修の様子です。
破損した屋根を専用の液を使いつなぎ合わせます。
補修後塗装をするのでつなぎ目もわからなくなります。

乾燥中です。
補修された場所は元の屋根材の2倍の強度になるといわれています。
一度壊れているので、また壊れるという心配はなくなります。

補修後屋根の塗装を施していきます。
もう、どこを補修したかわからなくなります。

屋根が終わると外壁の塗装をしていきます。

工事施工後

窓枠やベランダの手すりも色を変えました。
以前とは全く違う雰囲気になりました。

外壁はメインの色とアクセントの色を膨大な日塗工の色見本から選び調色しました。
屋根に合うようこだわりました。

色褪せていた屋根も塗装により艶がうまれています。
今回塗った塗料は太陽熱を反射させる遮熱塗料です。塗料の力で屋根材を紫外線や太陽の熱から守ります。

屋根補修をした部分です。
全くわかりませんね。

担当者の声

屋根の破損と聞くと葺き替えと連想されるかもしれませんが、破損した物がすべてそろっていれば、修復で対応が可能です。やはり葺き替え費用は塗装より高額になりますので、修繕で済む場合はご提案させていただいています。

フリーダイヤル0120-33-1966
お問い合わせ