株式会社創研

ヨーロッパトイレ事情ー1

休みをいただいて、イタリアに旅行に行ってきました!

とっても楽しんできましたが、そこはやっぱりリフォーム会社の社員!使用するトイレが気になってしまいました。そこでヨーロッパのトイレ関連についてレポートします!

まずは空港のトイレです!

ドイツのフランクフルト空港

トイレの形状がちょっと個性的です。水栓は壁排水でこれも日本とはちょっと違いますね。

  

すごかったのはこのダイソンの《ハンドドライヤー》です。両手を入れる形状になっていて、いかにも水が良く飛ぶように見えますが、見た目通り水が吹っ飛びます!!ゆっくりと手を引いていけばほんとに水分が飛んでました!風量が凄くいのですが、手を入れるところが波型で風が漏れてきません。今迄ハンドドライヤーを使っていましたが、使用後には水分が若干手に残ってました。それ何故? さすがダイソン。掃除機だけでは無かった。ハンドドライヤーもすごかったです。

 

次はイタリアのベニス空港です。

さすがイタリア! ドイツのゴージャス感の洗面に比べて、なんかシンプルでお洒落でした。さすがにこの小便器の距離感だとちょっと恥ずかしいです。

  

 

最後はイタリアのナポリ空港です

女性にはわからないと思いますが、小便器は日本には形状で、この距離感はどれも恥ずかしかったです。

ナポリしか大便器を撮影してなかったですが、どの空港のトイレにも大事な物が無かったです。

そう【 ウォシュレット 】… 『ウォシュレットが無~い!』。。。 話に聞いてはいましたが、本当に無かったです。おしりだって洗って欲しい派の私には大変つらかったです。

こんな感じでヨーロッパトイレ事情をお伝えします。

企画室 田辺

  • 2019年04月22日 更新
フリーダイヤル0120-33-1966
お問い合わせ