株式会社創研

築20年のマンションで節水タイプトイレへ交換 相模原

工事概要
  • 〔住所〕相模原市中央区
  • 〔工期〕1日
  • 〔工事費用〕7.5万
  • 〔工事名〕トイレ便器タンク交換工事

  • 〔工事内容〕
    【仕様】便器・タンク TOTOピュアレストQRシリーズ 手洗い無しタンク
        便座 既存仕様(TOTOアプリコットF4A)

トイレの水が流れっぱなし‼

トイレの水がチョロチョロずっと流れっぱなしで我慢して使用していたが、最近音が大きくなり、漏水の量がひどくなったので、そろそろ潮時。最新の節水のものに交換したい。

創研からのご提案

マンションのトイレですが、壁給水で、床排水。旧タイプがINAXのC320で排水芯380のため、一般戸建て用のタイプで、リモデルタイプでも可能と判断しました。便座はTOTOのアプリコットのF4Aという高機能(部屋暖房機能付き)タイプ(現在生産終了)をご利用でしたので、そのまま使用することにしました。

お客様との出会い

お客様からのご紹介がご縁です

工事施工前

INAXのベーシックトイレです。20年前のタイプで1回の排水量は2Lペットボトル6本分!家族4人で使用すると一日に流す水の量はかなり多めです。

梱包されて届くトイレ便器・タンクです。陶器ですので重いです。

工事施工中

便座・タンクと順番に取り外します。便器はビスだけではなく、ボンドで堅く固定されていました。

古いフランジ(便器と排水管をつなぐ部材)を取り外すとき、専用の工具でカットします。このときプラスティックの焼けるにおいと、切り離すすごい音がします。

便器の取り外した時、床に旧便器の設置跡が残ります。跡が出ることが嫌な場合は床の貼り換えをおすすめします。できるだけ目立たないようにきれいに掃除をします。

新しいフランジをセットします。フランジは¥2500程度ですが、交換には手間がかかります。トイレの工事の時に、このフランジを交換しないで、古いものをそのまま利用する業者もいますので、工事内容を確認することをおすすめします。

工事施工後

折角ですのでペーパーホルダーも新しく交換です。ペーパーのカット面がラウンドしているのでこれまでより切りやすくなります。

その他の施工事例もご覧ください。

フリーダイヤル0120-33-1966
お問い合わせ