株式会社創研

和式トイレを洋式トイレへ変更 八王子市

工事概要
  • 〔住所〕八王子市諏訪町
  • 〔工期〕2日間
  • 〔工事名〕トイレ改修工事

  • 〔工事内容〕
    既存トイレ撤去
    新規トイレ床下地造作工事 根太入れ
    既存床干渉部分壁下地補修工事
    既存巾木撤去の上新規巾木取付
    内装工事 クロス工事 床:CFシート1.8㎜貼り、壁、天井:Vクロス貼り(量産品) 
    コンセント新設
    新規トイレ設置

    《トイレ仕様》
    便器・タンク:TOTO ピュアレストQR
    便座:ウォシュレット TOTO BV2(脱臭機能付き)

将来を考えて洋式トイレに変更したい

トイレは特に修理が必要とかではなかったのですが、将来を考えると今のうちに洋式トイレに交換しておいた方が安心だと思い、今回リフォームすることにしました。創研さんとは下水道工事からのおつきあいで、DM等を定期的に送っていただいていましたので、そのチラシを参考にご相談しました。

創研からのご提案

提案したのは超節水タイプで人気のTOTOのピュアレストQRシリーズ。便座は脱臭機能も付いたBV2(手元リモコン操作タイプ)です。空間が狭いと壁リモコンの方が見た目もすっきりしますが今回は元が和式でトイレの広さも十分、トイレ内の床や壁の工事でコストがかかる分少しでもコストカットする意味合いで手元操作タイプをお勧めしました。手洗いが別にあるため、タンク部分の手洗いもカット。不要な部分は極力除いてお客様の予算に少しでも近づける工事のご提案をさせていただきました。

お客様との出会い

浄化槽から本下水道工事へ切り替え時におつきあいが始まり、定期的にお送りしているチラシをご覧いただき、お問い合わせいただきました。

工事施工前

和式トイレから洋式トイレへの変更の場合、まず段差の解消が必要です。既存トイレを外し、土間を斫り(はつり:削り落とす作業)ます。床の根太掛け、床下地合板を貼り、既存床干渉部分の壁下地補修工事 、既存巾木を撤去し、新規巾木を取付けます。小さなスペースですが木工事が床・壁とフルに必要です。

左壁には壁の厚みを利用した壁厚収納

トイレ内に壁付け手洗い器があります。

工事施工後

和式タイプの段差をなくし、バリアフリーに。空間全体的が、ゆったりと使いやすいトイレに仕上がったことで将来の生活シーンでも安心して利用できる空間に仕上がりました。

手洗いなしタイプのタンク

お客様の声

職人さん熱心にやってくださいました。思うとおりにやっていただいたので、快適に使っています。営業の常盤さんも親切です。ありがとうございます。

担当者の声

キレイにお使いいただいていたトイレでしたが、将来を考え洋式トイレへ変えられたのは良かったと思います。一畳のスペースに収納と手洗いとありますが、壁の厚みを利用しているので圧迫感がありません。使いやすいトイレになって本当に良かったです。

その他の施工事例もご覧ください。