株式会社創研

保護猫と猫と暮らす快適リフォーム

いつもお世話になっております。

今日は12月15日今年も後2週間ほどになりました。50歳を過ぎ、ますます一年が早く感じます。どうしてでしょう。不思議な感覚です。

先日、妻からメールで「手が空いたら連絡欲しい」との伝言、普段よほどの事がない限りメールなどよこさないので嫌な予感でした。事故か息子が何かやらかしたか、直ぐに連絡したら「自宅の駐車場で朝から子猫が泣いている。可哀そう。ねえーどうすると」でした。私は「えー」の一言あとは「任せる」しか言えませんでした。

すでに我が家は昨年、親子猫3匹を保護して飼っています。マンチカン2匹と合わせて5匹、これでもう1匹保護猫で6匹になります。

保護猫は初めからの飼い猫と違い爪もなかなか切れずあちこちで詰めを研ぎますから家は壁紙、革のソファーもボロボロです。

おまけに私になつかず、敵と思っているのか「シャー」と一年たっても敵対心丸出しです。参った問題ですがこれにもう一匹増えるのだからもっと参った問題です。(笑)

家に帰ったら生後2か月でしたから体が小さく病院につれていき診てもらい風邪を引いているようで元気がありませんでした。きっと保護しなければ死んでしまっていたかも知れません。

新しい家族が増えました。

今後、病院で引き取って頂ける掲示板があるので落ち着いたら掲示するつもりです。

こうなったら「猫と暮らす快適リフォーム」を商品化し売上が上がれば万々歳ですが。(笑)

妻一人、息子一人、猫6匹、のため頑張ります。

  • 2018年12月15日 更新
フリーダイヤル0120-33-1966
お問い合わせ