株式会社創研

リフォームでヒートショックの対策

20151203142207-0001 20151203142246-0001 20151203142237-0001 20151203142223-0001

ヒートショックとは

急激な温度の変化によって血圧が急激に上昇、下降したり、脈拍が早くなったりする状態をヒートショックといいます。これが脳卒中や心筋梗塞などの原因となります。日本では入浴中の事故で亡くなる方が年間で14000人以上いると言われています。これは交通事故で亡くなる方の約2倍となっています。その中でも、入浴中の事故は冬場に多くなっています。冬場の寒いバスルームにはそれだけ危険が潜んでおり、ヒートショックによる事故を防ぐために工夫が必要なのです。

なぜ入浴中に起きやすいのか?

一般的な日本の住宅は浴室やトイレ等の水廻りを北側に設置するのが基本です。そのため冬になると日当たりが悪く冷え込み、他の部屋との温度差が大きくなります。特に入浴時における脱衣室や洗い場の寒さ、さらに熱いお湯が原因で脳内出血や心筋梗塞を引き起こしてしまうのです。

ヒートショックの対策と予防

【お風呂編】

*浴槽にお湯をためる時にシャワーを使って給湯する。

*浴槽の蓋を開けておき、浴室の温度を上昇させる。

*一番風呂は浴室が温まっていないので、高齢者や高血圧の方は注意する。

*『かけ湯』や『半身浴』を組み合わせる等、入浴方法を工夫する。

*お湯の温度はややぬるめの38℃~40℃くらいにする。

リフォームで出来る事

*浴室暖房機の設置で温度差をなくしましょう。

*従来工法(タイル等)のお風呂をお使いの方はシステムバスルームへの変更をお勧めします。

【トイレ編】

*小型ヒーター等を置いてトイレ全体を暖かくする。

*窓にカーテンを取り付けるだけでも断熱効果は1.5倍アップします!

*排便の際、いきみすぎると心臓への負担が大きくなるので気を付ける。

リフォームで出来る事

*室内暖房付トイレに変更する。足元を温風で暖める事ができます。

*断熱効果を上げて、窓から熱が逃げないように内窓設置します。

 


 創研では創研豆知識として季節に合ったリフォーム情報をご提供しております。

その他の豆知識一覧ページはこちら

資料請求はこちら

  • 2010年01月1日 更新
フリーダイヤル0120-33-1966
お問い合わせ