株式会社創研

外壁塗替え時期の見分け方

20151204103029-0001 20151204103057-0001 20151204103104-0001 20151204103041-0001

 

塗替え時期のチェック方法

外壁や屋根はもちろん、雨樋やベランダ鉄部の劣化は見逃せないポイントです。晴れた日の昼間に、ご自宅を一周まわってみて一度よくチェックしてみてください。

≪外壁編≫ リフォーム時期の目安は約10年

★外壁を触ると手に粉がつきませんか?

★ひび割れがありませんか?

★目地のコーキングが痩せたり、ヒビが入ったりしてませんか?

★コケやカビは気になりませんか?

★雨筋等の汚れはひどくありませんか?

★塗膜がはがれていませんか?

★鉄部からサビが出ていませんか?

★色は薄くなったように感じませんか?

≪屋根編≫ リフォーム時期の目安は約10年に一度の塗り直しと約30年に一度の葺き替え

★色あせはしてませんか?

★雑草やコケは生えていませんか?

★ひび割れや屋根材がズレたりしてませんか?

★屋根材が欠落していませんか?

★屋根がうねっていませんか?

★軒天にシミはありませんか?

ひとつでも当てはまる項目があれば劣化している証拠です。きちんとした業者による早めの点検をおすすめします!

そもそもどうして塗装が必要なの?

*ひび割れ等から雨水侵入を防ぐ(雨漏りによる腐食)

*厳しい自然環境から建物を保護する(紫外線・地震・台風・風雨)

*経年による劣化防止(鉄部のサビ・木部の腐食)

美粧性向上(美観・デザイン変更)

 

塗料の種類と耐久年数

アクリル塗料・・・コストと施工性に優れているが、耐久年数が短い為、こまめなメンテナンスが必要!耐久年数:約5~7年

ウレタン塗料・・・塗膜に光沢があり伸縮性があるが、耐久年数が短く変色の可能性があり塗替え周期が短い。耐久年数:約8~10年

シリコン塗料・・・塗膜に光沢があり弾性がある。耐久年数もよく現在もっとも使われている塗料です。耐久年数:約12~15年

フッ素塗料・・・耐久年数が最も優れているがコストが高い。光沢感があり防汚性もよい。耐久年数:約15~20年

 

業者選びには注意をしましょう!

悪徳業者が使う代表的な手口を覚えておきましょう!!

●今すぐ工事しないと取り返しがつかないことになりますよ!

●当社の施工モニターにさせてください。お礼にお安く塗り替えますよ!!

●近所で施工中なので、足場代をサービスします!!

●キャンペーン中ですので、本日契約して頂ければ〇〇万円値引きします!!

外壁塗装は元々塗料を仕入れる値段があるので、最初の提示金額から半額になるようなことはありません!塗る回数をごまかしたり、最初から高い金額を提示して割引したように見せかけている可能性が高いです!!

良い業者を選びましょう!

●トラブル回避のために訪問販売の業者が来たら即決しない

●適正価格を知るために複数の業者に見積りを依頼する

●口コミが一番信用できるので、実際に施工した人の話を聞く

●口約束はトラブルのもとなので、書面でやり取りをする

●質問や要望など丁寧に答えてくれるような営業マンの人柄をみる

 

 


 創研では創研豆知識として様々なリフォームに関する情報をご提供しております。

その他の豆知識一覧ページはこちら

資料請求はこちら

  • 2010年01月1日 更新
フリーダイヤル0120-33-1966
お問い合わせ