株式会社創研
リフォームメニュー

トイレ

[トイレ]
  • 便器の取り替え:約11万円~
  • 便器の取り替え+壁や床の貼り替え:約18万円~
  • 洗浄暖房便座への取り替え:約5万円~
  • 1日
  • 便器の取り替え
  • 洗面台や棚の設置
  • 床材や壁材の貼り替え
  • 手すりの設置
プロに聞く!上手なトイレリフォームのコツ

替えどきはいつ頃?

便器そのものが壊れることはほとんどありません。不具合が起きるとしたら「水が止まらなくなった」など、細かな部品に関するものです。
リフォームのきっかけとなるのが、ウォシュレットなどの温水洗浄便器に変えたい、節水できるエコ製品に取り替えたいというケースが中心となります。
また、介護のために手すりをつけたいというのも替えどきのひとつです。

節水できるトイレが主流に

最新の便器が各メーカーから出ていますが、共通するキーワードは「エコ」、「節水」です。古いトイレですと、1回の洗浄に13リットルから20リットルもの水を使っていました。
しかし今では5リットル以下の洗浄水しか使わない節水型製品も登場しています。これはかなりの節水になります。
また、便器を選ぶ際には、汚れがつきにくいか、掃除がしやすいかも気になるところです。
各メーカーはそれぞれ工夫して新製品を出しているので、機能面についてはメーカーによる差はほとんどありません。

便器に合わせて床の貼り替えを

便器が新しくなったら、内装もキレイにしたい。どこまでキレイにしたらいいかは迷うところです。
その際に優先したいのは、壁より床の貼り替えです。最新の便器は従来のものに比べてコンパクトになりました。
古い便器は足元まわりが大きいので、便器だけを取り替えると足元の床に隙間が出来てしまい、床材を継ぎ足すことになります。
せっかくの新しい便器もつぎはぎの床では不格好になってしまうので、便器の取り替えと同時に床を貼り替えることをお勧めします。
狭いスペースでのリフォームですから、手軽にイメージチェンジできるのもメリットです。

手すりの設置は先のことを見据えて

ちょっとしたことですが、トイレに手すりがあると便利で安心です。
まだ必要はないと感じても、壁のクロスを貼り替える時に、手すりを取り付けるための下地材を入れておくと、将来手すりが必要になった時に役立ちます。
あるいは手すり代わりになる台を用意しておくといった配慮をするとよいでしょう。

狭いトイレにはタンクレスを

トイレが狭くて使いにくいとお悩みのご家庭には、タンクレストイレがおすすめです。
便器の後ろにタンクがない分コンパクトになるタンクレストイレは、見た目がすっきりして狭いトイレも広く使えます。
空きスペースに小さな洗面器をつけると便利です。
ただし、タンクレストイレは、タンク付きのトイレに比べて高い水圧が必要です。
マンションの高層階や家が高台にある場合は、低水圧の可能性があります。
その場合は、低水圧に対応した機種がありますので、そちらを選ぶようご注意ください。

マンションにお住まいの方は要注意

古いマンションの場合、機種によっては特定メーカーの製品でないと取り替えに対応できないことがあるので注意が必要です。
創研は現地調査でしっかりチェック。
どのメーカーの製品に取り替えが可能か、把握したうえでご提案しています。

トイレ施工事例

フリーダイヤル0120-33-1966
お問い合わせ