株式会社創研
リフォームメニュー

給湯器リフォームで失敗しないポイント

一般的にガス給湯器の寿命は8~10年と言われています。

10年以上経過しているようであれば、点検をお勧めします。

給湯器は、故障してお湯が出なくなって初めて交換を考える方がほとんどですが、いざ故障してしまうとお湯が使えず、お風呂に入れなかったり、冬場の洗い物など大変困ります。点検をして、壊れる前に交換すると安心です。

現在こんな症状ありませんか?

  • 黒い煙が出る
  • 酸っぱい臭い、異臭がする
  • 小さな爆発音のような音や異音がする
  • お風呂も、キッチンもお湯が出ない
  • すべての水栓で熱いお湯が出ない、お湯がぬるい
  • お湯を使っている最中にいきなり温度が変わって安定しない
  • 追いだきしても設定温度にならない
  • 給湯器から水漏れしている

このような症状がある場合は、給湯器の修理や交換が必要かもしれません。
給湯器を交換する前に、給湯器のこと、選び方を知っておきましょう。

①エコジョーズ

【エコジョーズの仕組】

従来型の給湯器は①一次熱交換器で水を温めお湯を作り、その際に出た約200℃の排気熱を使わず捨てています。

エコジョーズは①一次熱交換器で温めた時に出た約200℃の排気熱を有効に利用して②二次熱交換器であらかじめ水を温めます。そのため従来よりも少ないガス消費量で、効率よくお湯を沸かすことができます。

ただし、二次熱交換器で水を温めた際に空気が熱を失って凝縮した水(ドレン水)を排出する必要があるので、ドレン排水を確保しなくてはなりません。

【エコジョーズの省エネ&エコ】
家計にやさしい

高効率でお湯を沸かせるとガス消費量が少なくなります。つまり、その分ガス料金も安くなるのです。

熱効率が良くなることで、給湯に必要なガス使用量が13%~15%カットされます。つまり、ガス料金も13%~15%コストダウンできるという事。
従来型と同じ量のお湯を使っても、年間で約20,400円も節約になるのです。
(出典ノーリツ)

地球のため、未来のため

地球温暖化の一因となるCO2の排出量が従来に比べ大幅に削減されます。

従来型に比べ、約13%~16%のCO2、
つまり約287kg-CO2が削減されます。

これは、およそ杉の木20本が一年に
吸収するCO2の量と同じくらいです。

地球環境に配慮した給湯器です。

②号数を選ぶ

家族や生活スタイルに合わせて号数が決まります。

号数とは

少し難しいのですが、水温+25℃のお湯が1分間に出る量(L)のこと。
つまり、1分間に水温+25℃のお湯が24L出せれば24号、20Lなら20号となります。
号数が大きいほど、一度に大量のお湯を使用できます。
【号数の目安】
24号
シャワー+キッチン+洗面等、使用時間が重なっても一度にお湯を使用することができる

例えば、ご夫婦とお子様2人のご家庭におすすめ

20号
一度にたくさんのお湯を使用することが少ないご家庭

例えば、ご夫婦2人のご家庭におすすめ

16号
一度に複数個所でお湯を利用しない

例えば、ワンルームマンション等の単身世帯におすすめ

③タイプを選ぶ

【ガスふろ給湯器】1台でキッチンやシャワー等の給湯と、自動お湯はりや追いだき機能を備えたタイプ

ガスふろ給湯器にはフルオートとオートの2つのタイプがあります。

リモコンのスイッチを押すだけで、設定した温度で設定した水位まで自動湯はりします。

設定温度よりもお湯が冷めると自動保温でいつでも設定温度のお風呂に入れます。
また、お湯の量が減った場合も、自動たし湯で設定水位までたし湯するので、いつでも沸かしたてのようなお風呂に入れます。

さらに、フルオートには排水時に追いだき配管洗浄機能がついているので、配管もキレイになります。

リモコンのスイッチを押すだけで、設定した温度で設定した水位まで自動湯はりします。
設定温度よりもお湯が冷めると自動保温でいつでも設定温度のお風呂に入れます。
たし湯ボタンを押すことで、たし湯することができます。

【ガス給湯器】1台でキッチンやシャワー等の給湯と、自動お湯はり機能を備えたタイプ

ガス給湯器にはエコジョーズタイプはありません。
高温水(約80℃)供給タイプなので、お湯が冷めたら高温水供給することで、追いだき気分が味わえます。

リモコンのスイッチを押すだけで、設定した温度で設定した水位まで自動湯はりします。
たし湯ボタンを押すことで、たし湯することができます。

【ガス給湯専用機】1台でキッチンやシャワー等の給湯ができるタイプ

キッチンや洗面所、お風呂への給湯ができます。
自動的にお湯をストップするタイプもあります。

【ガスふろがま】浴槽に水をはり沸きあげるタイプ

お湯が冷めたら追いだきができます。
前日の残り湯を沸かしなおす事もできます。
また、シャワー付きや洗面に給湯できるタイプもあります。

【ガスふろ給湯器+暖房用熱源器】1台でガスふろ給湯器の機能と温水暖房機能を備えたタイプ

浴室暖房乾燥機やミストサウナ、床暖房や温水ルームヒーターなどで使用できます。
ガスふろ給湯器ではオートとフルオートが選べます。

設置形状のタイプ

壁掛け
据え置き
隣接設置型もあります。
PS(パイプスペース)
扉内に収納されているものもあります。

壁掛けから据え置きや据え置きから壁掛けに変える場合は別途工事費が必要となります。
現在では設置フリー型があり、どちらでも対応できるものが販売されています。

④リモコンを選ぶ

リモコンは、画面やスイッチが見やすくできているので、設定の温度が一目でわかります。
また、お風呂が沸くと音楽やボイスで教えてくれます。
リモコンによっていろいろな機能が備わっているものがあります。

【インターホン】

キッチンとバスルームで会話ができます。
お年寄りが一人で入浴している時やお子様が入浴している時など、安心で便利です。

【BGM】

お気に入りの音楽を聴きながらゆっくりバスタイムをたのしむことができます。
ご家庭のデジタルオーディオプレーヤー等を接続するだけ。

【エネルック】

エコジョーズをお使いの方は、どのくらいEco できているのか知りたいですよね。

エコロジーを家族みんなで楽しみながら節約ができます。
給湯器が消費したガス、お湯、電気の使用量と、金額を数値とグラフで表示します。 過去と比較ができるので、どのくらい節約できているのか、家族みんなで確認できます。

『井戸水での使用』 井戸水は水質によって機器内の配管に異物が付着したり、腐食する等で配管に穴があき、水が漏れる場合があります。現在給湯器メーカーのパーパスでは井戸水対応のエコジョーズを取り扱っています。また、リンナイでは特注で取り扱っております。納期に2~3週間を要しますので、壊れてからだとかなり不便となります。

『井戸水での使用』

井戸水は水質によって機器内の配管に異物が付着したり、腐食する等で配管に穴があき、水が漏れる場合があります。 現在給湯器メーカーのパーパスでは井戸水対応のエコジョーズを取り扱っています。また、リンナイでは特注で取り扱っております。納期に2~3週間を要しますので、壊れてからだとかなり不便となります。

⑤ハイブリット給湯・暖房システム

ハイブリット給湯器とは空気熱を活用した電気の「ヒートポンプ」と、ガスの高効率給湯暖房機「エコジョーズ」の相乗効果により省エネ性・経済性・環境性に優れています。
その中でも省エネ性においては、従来のガス給湯器に比べて給湯光熱費を約57%も削減。 また、環境性においては、CO2 排出量を約51%も削減します。

【ハイブリットの仕組み】

例えばキッチンや洗面など1か所でお湯を使う時には、電気ヒートポンプで効率良く沸かし上げたお湯をタンクから供給され、お風呂へのお湯はりや複数ヵ所での同時使用等、 お湯を大量に使う時は、タンクのお湯に加えてエコジョーズを活用して湯量をサポートします。 電気給湯器のエコキュートでよくある、「途中でお湯が無くなる」といった心配もありません。

≪少量のお湯を使用するとき≫
≪大量のお湯を使用するとき≫
≪大量のお湯を使用するとき≫

また給湯だけでなく暖房機能にも対応しています。
ガス温水式床暖房を導入すれば、立ち上がりはエコジョーズで素早く部屋を暖め、定常時はヒートポンプで沸かしたお湯を循環して室温を保ちます。

『ヒートポンプとは?』 ヒートポンプとは空気中の熱を集めて、暖めたり冷やしたりする仕組みのこと。給湯器の場合は、パイプ中に冷媒という物質が駆け巡っていますが、外気の熱を冷媒に乗せ移動し、圧縮機で圧縮されて高温になります。その後、熱くなった冷媒の熱を水にうつしてお湯を沸かしています。

『ヒートポンプとは?』

ヒートポンプとは空気中の熱を集めて、暖めたり冷やしたりする仕組みのこと。 給湯器の場合は、パイプ中に冷媒という物質が駆け巡っていますが、外気の熱を冷媒に乗せ移動し、圧縮機で圧縮されて高温になります。 その後、熱くなった冷媒の熱を水にうつしてお湯を沸かしています。

【ハイブリット給湯器・暖房システムの省エネ&エコ】

メーカーによって多少の違いはありますが、従来のガス給湯器に比べるととても省エネでお得です。

【ハイブリット給湯器・暖房システムのデメリット】

ハイブリット給湯器は省エネやエコに優れていますが、もちろんデメリットもあります。
第一に、エコジョーズに比べ、初期費用がかかります。また、従来の給湯器と比べ設置場所が必要となります。
第二にハイブリット給湯器は、お湯をたくさん使う家庭向けです。家族がたくさんいて大量にお湯を使用する家庭や、寒い地方にお住まいの方には効果が発揮します。

給湯器は不完全燃焼や水漏れなどの不具合をそのままにしておくと、危険なだけでなく余計なガス代や水道代の出費にもつながります。 商品によって、給湯器や部品の取り寄せに時間を要する場合もあります。その間、お湯が使えなくなるのはとても不便です。 そうならないためにも、完全に壊れてしまう前に、専門の業者に相談することが大切です。

業界裏話
給湯器Q&A

給湯器交換施工事例

フリーダイヤル0120-33-1966
お問い合わせ