株式会社創研

塗り替え時期は?

いつ塗装工事を考え始めればいいの?

塗装工事は10年に1回と言われるけど・・・
本当に10年に1回塗装工事をしないといけないの?

お気に入りの家回りが
知らず知らずの内に見栄えが悪くなっていき、
気が付いたら家の痛みが進行しています。

一般的に塗装工事は10年に1回が目安と言われていますが、
あくまでも目安なのです。
大切なのは家をチェックする事です。
家の劣化状態を把握して、
必要な時に補修(メンテナンス)・塗装をしましょう。

家のチェックをしないでいると、
気が付いたら時にはひどい事になっているなんて事も・・・
家は大丈夫ですか?
心配な方はチェックしてみましょう!

塗装の劣化の進行状況

  1. ツヤが消えてくる
  2. 色があせてきて、変色している。
  3. 藻やカビが生えている。
  4. 壁の表面をさわると手に白い粉が付く(チョーキング現象)。
  5. 外壁や屋根にヒビ(クラック)が入っている。
  6. 塗膜が剥がれている。壁面が割れている
  7. 屋根材の表面が剥がれ、落ちてきている

(1)~(3)では
塗装時期になっています。
木部(破風板・軒)・雨樋の痛み具合やベランダ等の
傷み具合と合わせて時期を考えましょう

(4)~(5)では
塗装工事を行う時期です。
業者と相談してみましょう

(6)~(7)では
建物が劣化しています。
早急に対応が必要です

外壁の劣化状況

1.塗膜の汚れ

<原因>
粉塵や土・砂・風雨等による汚れ(水垢)

<判断>
外壁の保護として塗膜には問題はありませんが、
美観上見苦しい状態です。

塗替え検討を始める時期に来ています。

2.藻・カビの付着

<原因>
微生物の付着・繁殖による塗膜傷み

<判断>
美観上見苦し状態です。
藻やカビが外壁の塗膜に侵入した状態です。
ほうっておくとカビ等の菌が繁殖していきます。

塗替え検討を始める時期に来ています。

3.塗膜の変退色

<原因>
紫外線による塗料の着色顔料の劣化

<判断>
塗膜の劣化が始まっています。
比較的劣化の初期症状です。
美観上の問題です。
放置すると塗膜の劣化が進み、雨が外壁に侵入していきます。

塗替え検討を始める時期に来ています。

4.チョーキング

<現象>
外壁を手で触ると、白い粉が付く

<原因>
紫外線や雨風等により、
塗膜(塗装の表面)の劣化が始まり、粉化している

<判断>
塗膜の劣化が進んでいます。
比較的劣化の初期症状です。
劣化が壁面に進む前に塗膜を保護しましょう。

塗替えをお勧めします。

5.シーリング(外壁の継ぎ目)の劣化(ひび)

<原因>
紫外線によるシーリングの劣化

<判断>
ひび割れから水や空気が外壁内に侵入しています。
放置すると外壁塗膜の剥離や劣化が進み
建物内に水が浸入し、雨漏りにつながります。

補修及び塗替えをお勧めします。

6.ひび割れ(クラック)

<原因>
建物のゆれ・振動や塗膜の劣化収縮等で発生する

<判断>
ひび割れから水や空気が外壁内に侵入しています。
放置すると外壁塗膜の剥離や劣化が進み建物内に水が浸入し、
雨漏りにつながります。

補修及び塗替えをお勧めします。

7.塗膜の膨れ

<原因>
下地に含まれる水分が温度変化により水蒸気になり、
塗膜を押し上げて起る状態です。
どこからか水分が侵入しているか、
前回の外壁塗装で
外壁が濡れている状態で下塗りをした場合に起こります。

<判断>
膨れた部分が広がり塗膜の剥離や劣化につながる可能性があります。

補修及び塗替えをお勧めします。

8.塗膜の膨れ(剥離)

<原因>
基本的には塗膜表面と塗膜の下地の接着不良。

<判断>
放置しておくと剥離が広がり、躯体が痛みます。

塗替えをお勧めします。

屋根の劣化状況

1.色褪せ(変色・退色)

<原因>
紫外線や雨風等による、塗膜(塗装の表面)の劣化

<判断>
塗膜の劣化が進んでいます。
比較的劣化の初期症状です。
美観上の問題もあります。
劣化が壁面に進む前に塗膜を保護しましょう。

塗塗替え検討を始める時期に来ています。

2.塗膜の剥がれ(剥離)

<原因>
紫外線や雨風等による、塗膜(塗装の表面)の劣化

<判断>
塗膜の劣化が進んでいます。
比較的劣化の初期症状です。
美観上の問題もあります。
劣化が壁面に進む前に塗膜を保護しましょう。

塗替え検討を始める時期に来ています。

木鉄部の劣化状況

1.錆の発生(トタン屋根も同様です)

<原因>
紫外線や雨風等による塗膜劣化の為、錆が発生する

<判断>
放置すると塗膜剥離の範囲が進み、剥き出しの鉄部の腐食が進みます。

補修及び塗替えをお勧めします。

2.塗膜の剥がれ(剥離)、腐食

<原因>
紫外線や雨水等の水分の侵入等による、塗膜劣化。
塗膜劣化部より紫外線や雨等の水分の侵入による腐食の進行。

<判断>
放置すると塗膜の剥離部分が広がり、
木部躯体の浸食が進行し、破損につながります。

補修及び塗替えをお勧めします。

フリーダイヤル0120-33-1966
お問い合わせ