株式会社創研

トイレ交換を安くする秘訣!教えます

トイレのリフォームを簡単に考えてませんか?

「そういえば結構年数経ってるな。でもまだ使えるし。どうせなら安く済ませたい。」トイレについては他のリフォーム工事と比べて簡単に考えていませんか?トイレは毎日何度も使うもので、お風呂よりも生活に無くてならない物という事にお気づきですか?

このブログを読む方は、壊れてから慌てたくない。壊れる前に何とかしておこう。という計画的に物事を進める方だと思います。

このブログを読み、安い・高い以外に、コストパフォーマンスという選択肢がある事を知ってもらいたいと思います。

 

 

<目 次>

 

トイレの交換時期を知る!

トイレの交換時期は10~15年、温水洗浄便座は家電製品なので5~10年が目安です。

トイレ本体は陶器製が多いため、外側から強い衝撃でヒビが入ったり、割れたりしない限りは何年も使用できます。しかしトイレに使われている部品、パッキン、配管などは10年ほどで経年劣化が起こり、水漏れや排水に不具合が出てきてメンテナンスが必要になります。

そのことをきっかけにトイレを交換される方が多いです。そのため、扱い方に気をつけていれば、10年以上利用できますが、10年を目安に交換することで、トイレのトラブルに悩むことも少なくなります。

 

トイレ選びで重要なのは?

トイレ選びのポイントはデザイン性より使い勝手です。

現在使用されているトイレにどのような不満があるか、必要な機能は何か、バリアフリーが必要かなど、要望や条件を明確にしておきましょう。

そのうえで、ご自身が利用する場面を想定して動線や収納をどのように工夫するかを考えることがポイントになります。

最新のトイレは、汚れが落ちやすい材質や便座と便器の間まで掃除ができるよう便座が上にあげられるタイプ、便座のつなぎ目をなくし汚れの入り込みを防ぐ等といった“掃除のしやすさ”にこだわった清掃性の部分がかなり重視されており、各メーカー色々な工夫が施されています。

最近では節水タイプのトイレも主流です。

以前のトイレは1回で使う水の量が13ℓだったのに対し、現在のトイレは4ℓ~6ℓの超節水タイプとなっています。その分、CO2削減効果が高く、水道料金もだいぶ違ってきますので、家計にとても優しいトイレに進化しました。

エコを意識して交換される方も少なくありません。

当社でも節水タイプのトイレをお勧めしております。

まずはショールームに行き、実物をご覧になったり座ったりして見比べてみましょう。その際は使い勝手に注目し、よく掃除する場所などを確認することをおすすめします。

おススメの記事

 

トイレ工事を安くする方法

トイレ工事を少しでも安く済ませたい人も多いでしょう。トイレ工事は全部交換しなければいけない場合もあれば、一部交換で済ませられる場合もあります。

ここでは安く済ませるにはどのような方法があるか、見ていきましょう。

一部交換する

トイレの部品を一部交換できるものとしては以下のものがあります。

 

  • ウォシュレットのみ(耐用年数15年程度 電化製品の為寿命早い)
  • タンクのみ(組合せトイレなら可能 15年を超えると在庫がない可能性もある)
  • 便器のみ(組合せトイレなら可能 床から取り外すので床の工事も生まれる場合も)

 

これらのものは部分交換が可能な場合もあります。しかし、古いトイレの場合は在庫がない場合がありできない可能性もあります。

また便器の取り外しは床の工事が追加で必要になる場合があり、余分な費用がかかる可能性も。

また内部部品の劣化は進むことで細かい交換が今後も必要になる可能性があります。

全体を交換するよりは費用が安くなる可能性があります。しかし、在庫や現状のトイレの状況次第では部分交換がおすすめできない場合がある点に注意が必要です。

 

全部交換する

トイレを全部交換する場合、商品手配と工事する人によって価格が変わります。取り付けや商品仕入れ、どこまでを自分でやるかで少しだけ費用を抑えられる場合があります。

ただし、それぞれにメリットとデメリットがあるため、よく確認しておくことが大切です。選択肢にはどのようなものがあるか、メリット、デメリットについて解説します。

 

自分ですべて行う(DIY)

トイレ交換を自分ですべて行うDIYでやることも不可能ではありません。この方法であれば、材料費以外の負担は発生しないため、コスト面では最も安くなります。

DIYの場合はトイレの排水芯を把握し、条件に合ったものを選ぶことが大切です。条件に合わない場合は取り付けできず、便器が無駄になることも。ただし、排水芯を調べるのは簡単ではありません。新築用のものとリフォーム用のものでも変わります。

また手順を間違えることで、トイレを排水で汚してしまう可能性もあります。不慣れな作業で、便器を壁や床にぶつけ傷つけてしまう可能性もあります。失敗することで、費用を抑えられるどころかかえって費用がかさんでしまうこともあるでしょう。

また修理そのものを断られる可能性もあります。自分で取り付けを失敗したら業者に依頼すればよいと考えているかもしれません。しかし、予測していないトラブルが起きる要因となるため、修理してくれないかもしれません。修理してくれるとしても保証をしてくれないこともあります。

またマンションでの取り付けの場合は、水漏れにより階下への被害が出る可能性があります。階下に被害が出てしまった場合、修理費は自分で負担しなければいけません。そうなれば修理費用がよりかかってしまいます。

仮に取り付けした場合も、トイレの処分にも困るでしょう。一般ゴミとしては処分できず、産業廃棄物として処理することになるためです。

上記で紹介したように、DIYでトイレの取り付けを行うことは、後々に困ることになりかねません。取り返しがつかない事態になることもあります。

そのため、安くするためにDIYするのはおすすめできません。自分でやって費用を抑えたい場合はよく検討してから、自己責任で取り組むことをおすすめします。

こちらも合わせて読みたい記事

 

商品だけ用意し、取り付けを業者に任せる

商品だけは自分で購入し、取り付けのみ業者に任せる方法があります。業者に仕入れまでお願いする場合、自分で購入する場合よりも高くなることもあります。そのため、取り付けだけお願いすることで安くできる場合があります。

この方法のデメリットは2つあります。1つは用意した商品が取り付けできないものであったり、なんらかの不具合があったりすることです。

2つ目はトラブルがあった場合の責任が不明瞭になることです。取り付け後になんらかのトラブルがあった場合に商品が悪いのか、施工が悪いのか判断が難しい場合があります。施工業者から好まれないケースも多いでしょう。このような背景から、施工会社から保証してくれない可能性があることも注意が必要です。

そのため、費用を抑えつつ施工を依頼できる可能性がありますが、トラブルが起きた場合対処が難しくなるため、おすすめはできません。

材料費や施工費の兼ね合いで見れば、見た目に安くできるように感じますが、コストパフォーマンスで言えば、それほどよいとは言えないでしょう。

 

すべて業者に任せる

トイレの商品仕入れから取り付けまですべて施工業者にお願いする方法もあります。この方法はすべてを任せるため、費用面では他の方法よりも高くなることがデメリットです。

しかし、施工の安全性が最も高く、施工不良を起こす可能性はほぼないでしょう。万が一トラブルが起きてしまった場合でも、後のトラブルには保証がついている場合があり、安心です。

以上の点から費用こそかかりますが、業者にすべて任せるのが最もコストパフォーマンスが優れていると言えるでしょう。

まと

この記事ではトイレ交換の方法や注意点について解説しました。トイレ交換の費用を安くしたい場合、DIYで修理できれば、安くなることもあります。しかし、場合によっては余分な工事が必要になり、後々のトラブルの原因になりかねません。

ご自身でやる、一部だけ取り換える、いずれにしても一度リフォーム会社へご相談をしてみてください。家はみんな違いますので、ネットに載っている情報だけで十分とは言えません。専門家に見てもらい、意見を参考にしましょう。