株式会社創研

場所によって違う!雨漏りの症状と修理方法

テレビと違う!本当の雨漏り

「雨漏り」と聞いて「天井にシミができて、ポタポタ滴が垂れ、バケツで水をためる」というイメージを持った方は多いと思います。

しかし、実はポタポタ落ちてくる雨漏りは、雨漏りの末期症状です。どこで、どんな風に雨漏りが起きるのか?ご存知でしょうか?

このブログを読めば雨漏り博士になれるかも?

 

 
<目 次>

 

本当は知らない雨漏りの症状

 雨漏りと聞いてイメージするのは、天井からうすがポタポタ垂れ落ちるというような症状だと思われている方は少なくありません。ですが、実は、雨漏りは原因と場所によって現れ方が違うのです。雨漏りは修繕が遅れれば遅れるほど被害が深刻化し、大掛かりな工事になります。それによって工事金額も高額になってしまいます。原因箇所ごとの症状を知ることで、早期の対策を取りましょう。

 

雨漏り=屋根?

 

 屋根からの雨漏りってどんな症状があるかご存知ですか?

 屋根は骨組みの上にコンパネと呼ばれる合板を敷き詰め、その後防水シートを張り付け、その上に屋根材を設置します。そして「雨仕舞(あまじまい)」の処置を施します。雨仕舞とは、建物に薄いが入り込まないように雨の通り道を確保し、雨どいや地面などに受け流す構造の事で防水効果を上げるための仕組みです。 

瓦にヒビが入っている。スレートに亀裂やヒビが入っている。ガルバリウム鋼板がサビている。それだけなら多少の雨では、建物内まで雨漏りはしません。

防水シートが防水機能を失ってしまったから起こるのです。

屋根の下には天井の板があります。屋根から雨水が侵入し天井の板まで水が浸透し、水のシミが天井にできて初めて雨漏りに気が付きます。

  

木にも水を保持する力があります。ポタポタ垂れるというのは木が持つ保水機能を超えた雨水が流れてきているということです。

雨漏りの進行度合いや下地の状態によって、一部補修で済むか、屋根の葺き替えや躯体の修繕が必要かの判断が必要になります。

 

本当は多い、壁からの雨漏り

  雨を守っているのは屋根だけではありません。実は壁も大切な役目を負っています。壁の面積は屋根より大きいのをご存知ですか?

 壁からの雨漏りで多いのは、隙間から水が入りこみ、壁内を伝う雨漏りです

 モルタル外壁は塗装がはがれた事によって、サイディングは目地のシーリングが固くなり、細くなりぽろぽろと崩れた事によって、できた隙間からの雨水が壁の中に入ります。壁にはエアコンのダクトや給湯器、雨戸、ベランダ、窓格子等、穴をあけて設置している物がたくさんあります。壁に取り付けてあったものを取り外した後の穴の処理が適切でない場合、そこからの侵入もあります。

 壁にシミができたり、雨が降った後、カビ臭いと感じた時には雨漏りを疑いましょう。

(シーリングとは水密性・気密性を目的として、目地や隙間などに合成樹脂や合成ゴム製のペーストを充填すること。コーキングともいいます。)

 

まさかここから?開口部からの雨漏り

  雨が降るとサッシ廻りがビショビショ。結露がひどくて、壁にもシミができている。もしかしてそれは雨漏りかもしれません。

 窓の設置工事の方法は壁に穴をあけて、枠をはめ込み、防水の為シーリング打ちを行います。外壁の時にも出てきました。シーリングです。経年劣化で弾力性が無くなり、固くなり、細くなってしまいます。すると隙間ができ雨が入ってきます。つまり窓からの雨漏りです。

結露にしてはビショビショだな?と感じたら、窓のまわりのシーリングを確認です!

 

 

見落としがなちベランダ・バルコニーからの雨漏り

 

ベランダやバルコニーからの雨漏りの原因は、経年劣化と、排水溝のつまりです。

ベランダの手すりなどが経年劣化で腐食したこととで雨がベランダの壁の中を伝い腐食させます。

ベランダでお花を育てたり、近くに木がある家などは、落ち葉などが詰まりやすいです。

洗濯物等干していると、髪の毛や衣類についたごみがベランダに落下して排水口が詰まることもあります。

水が流れずたまったままだと耐用年数を軽減させ、雨漏りが発生します。排水口のお掃除をお忘れなく!

防水層が経年劣化により機能を失い、雨漏りすることも多いです。

防水塗装の耐用年数は5年ほどです。外壁や屋根よりも短いので、覚えておくといいですね。

 

雨漏りの原因は様々。そこで赤外線サーモグラフィを使い見えない壁内を調査することができます。

詳しくはリンク先まで。

赤外線カメラによる無料雨漏り診断

 

修理と応急処置の違い

 雨漏りが起きた!そんなとき、どうやって修理をしますか?雨漏りの修理方法、応急処置の方法を知っていますか?雨漏りは突然やってきます。順番としてはまず、応急処置をして、リフォーム会社へ依頼するのがベストです。しかし、修理方法を知らなければ、リフォーム会社が提案した修繕の内容が正しい工事か判断できません。そこで、修理方法と応急処置の方法をご説明します。

 

応急処置の方法

 

雨漏りが起きてしまった。でもすぐ治してもらえない!そんなときの応急処置の方法です。

 

①ポタポタ落ちてくる

 バケツに雑巾を入れて落ちてくる水を受けてください。水はある程度たまってくると跳ねるので、雑巾を入れて跳ね防止にします。

レジャーシートや新聞紙を敷いてはね予防にもなります。

屋根裏をのぞける場合は屋根裏に設置してください。バケツが置けない場合、レジャーシートに雑巾や新聞紙を敷いて給水させてください。ペットシートや、オムツがあるご家庭は雑巾の変わりに使うと楽です。

 

②窓からの雨漏り

 窓の下に雑巾を敷いて水分を吸わせます。雑巾を頻繁に交換する必要があるので、たくさんのタオルを用意しましょう。

 

③屋根が壊れた、瓦が外れた時

 

ブルーシートで被います。ホームセンターでブルーシートと、ロープ、土嚢袋が購入できます。土のう袋には砂や砂利などを入れ重しになるように準備をします。

屋根の異常個所にブルーシートをかけ、ロープと土嚢袋で固定します。

屋根に上って行う作業なので、雨上がりに行わない、安全のため一人で行わないようにしましょう。ヘルメットとロープで安全確保ができない場合はやめましょう。また、高いところに慣れていない人、不安定な場所での作業に慣れていない人は危険なので業者へ依頼しましょう。

 

雨漏り修理の方法

 応急処置を施したら本格的な修理をします。ここでは部分的な屋根の修理と全体的な修理をご説明します。

ポイントとなるのは、雨による下地と防水シートの劣化の度合いという点です。

部分的な屋根修理
棟板金の取り替え 釘が浮くことで板金が浮きます。すでに外れたものを設置するほか、釘が浮いている部分も手を入れていきます。下地が劣化している場合下地の交換から行います。
漆喰交換 既存漆喰を撤去し塗り直す。工程は簡単ですが、職人の腕で大きな差が出ます。職人が減っている為、職人の確保が難しくなってきています。
屋根材・瓦の差し替え ずれたり、壊れたりした部分だけを取り外し、新しい屋根材を設置します。雨漏りをしているので防水シートも交換が必要ですが、下地が腐食していた場合、下地交換も行う場合があります。

 

普段なかなか見えないところですが・・・船橋市

 

全体的な屋根の修理が必要な場合
葺き替え

耐震性や屋根の状態を見て、屋根を交換します。

屋根に乗っている、下地材、防水シート、屋根材など全部外して、新しいものと交換するので、屋根からの雨漏りを確実に止めることができます。

カバー工法

(重ね葺き)

下地が腐食していない場合は、既存の屋根の上に新しい屋根を乗せることができます。既存屋根の上に新たに防水シートを敷くため葺き替えと同様に雨漏りを止めることができます。

金額的には部分的な工事の方が費用も抑えられます。

部分的葺き替え工事で丈夫な屋根になりました!船橋市

 

壁の修理(モルタル外壁)

塗装工事

クラックと呼ばれるヒビにパテやシーリング材を充填し上から塗装工事をして補修をします。家全体の塗装を行うことで、修復した箇所を目立たなくさせ、家全体での防水性も上がります。

部分補修

雨漏りの原因となっている部分にのみ、補修工事を行います。補修をした跡が目立つので、補修個所によっては塗装もお勧めします。

 

 

壁の修理(サイデイング)

シーリング打ち変え

古くなったシーリングを新しいものに交換します。

壁面全体になるので、足場を立てる必要があります。

下地の修理

既存のサイデイングを取り外し、下地のみを交換し、既存のサイディングを張り直し復旧します。

壁が原因で家の中にまで雨漏りの被害がある場合、下地である防水シートに異常があると思われます。

防水シートを直す場合、既存のサイディングや胴縁も取り外して交換する大規模な工事になります。

 

 

壁の修理(その他)

中程度の補修

修理方法

サイデイング上張り

既存の壁の上に新しいサイデイング材を張り付けます。

防水性が上がるほか、断熱性能も上がります。

釘穴補修

壁に取り付けていたものを外すと釘穴ができます。

パテやシーリング材を充填し防水します。

サイディング重ね貼りで雨漏りが解消 ! 松戸市

窓・ベランダの修理

場所

修理方法

窓枠のシーリング材を打ち替えます。

ベランダ

ベランダへ防水工事を行います。

ヒビなどがある場合、事前に補修を行ってから防水工事を行います。

 

水たまりとおさらば!ベランダ防水工事 船橋市

 

雨漏りをDIYで直す!

 ホームセンターにプロが使う道具や材料が売ってるし、費用も抑えたいから自分で直そう。と思う方もいるかと思います。

DIYが得意な人は特にそう思うでしょう。しかし、危険な箇所もありますので専門家に依頼することをお勧めします。

では、どんな場所がDIY可能なのでしょうか?

 

部位

できる?

理由

屋根

×××

屋根の上に上るのはキケンです!きちんとした装備もなく昇る事はお勧めしません。ここはプロに任せましょう

外壁

×

2階の外壁部分は足場がないと危険です。1階の手の届く範囲なら可能です。ただしサイディングの建物の場合は取り外すことができないため1階でも不可です。

開口部

1階やベランダ周りなどのシーリング打ちなら可能ですが、窓には足場がないと危険な箇所もあります。安全性を最優先に判断してほしいですね。

内壁

室内作業はDIYで可能です。雨漏りの原因箇所を修繕してから、壁紙などをお好きな柄に交換してください。もし、下地も交換する場合は、壁内には電気などの配線がありますので気を付けてください。

 

こうやって見ると、雨漏りが起きた場合、外回りの工事は業者にお願いしないと危険が多いですね。DIYだと、自分でできる範囲内で修繕しても治らず、結局、業者に依頼することになる場合があります。まずは安全面を第一に考え、作業面・費用面などもメリット・デメリットを考えて実行してください。

 

 

雨漏り修理にかかる費用

 

雨漏りは原因が複雑で、工事も部分的な物から大掛かりなものまで幅広く簡単に金額を表示することはできません。にもかかわらず最近では、ブログやまとめ情報として、屋根葺き替え80万円~などとかかれていたりします。

しかし、その80万円の理由は書かれていますか?内訳はわかりますか?

修理費用に掛かる金額の内訳をご説明します。

 

修理費用の内訳

 

①調査費用

調査の為に特別な方法を使う場合調査費用が発生します。無料の所もありますが、無料の調査はどんな内容か確認してから依頼しましょう。

 

②解体費

屋根や壁をはがし、新しいものを取り付ける場合既存の者を取り壊します。そのため解体の費用が掛かります。建て替えとは違い住みながらの解体ですので、建物への適正な知識がないまま解体するのはキケンです。

 

③足場代

屋根や壁などの高い所で作業する場合に安全を確保するため足場を立てなくてはいけません。足場は家の形や大きさ、足場を設置する場所(がけ地等)によって費用が変わります。また屋根の勾配によっては屋根にも取り付けるため、必ず、現場を見てからでないと算出できません。

 

④材料費

新しく屋根や壁を取り付けるための材料、雨漏りによって被害を受け交換する必要のある部位の材料等、工事の種類、工事の範囲によって使う材料が変わります。材料費は工事が始まって、見えてなかった部分が見えるようになってさらに工事が必要になるかわかる為、追加で発生する場合もあります。

 

⑤人件費

工事をする職人さんへ支払われる日当です。職人さんは専門職なので、解体専門の職人さん、足場専門の職人さん、屋根専門の職人さん等、工事の内容によって工事の人数が変わります。また、難しい工事や大きなお家などの場合、工事期間が長くなり、人件費もかかってしまいます。リフォーム業界は慢性的な職人不足です。そのため人件費がかかってしまう事もあります。

 

⑥産廃費

工事で発生したごみはすべて、産業廃棄物です。産業廃棄物は適正な場所で処理を行います。廃棄する量で金額が変わります。そのため、工事の範囲を決めてからでないと算出できません。

 

以上が修理費用のざっくりとした内訳です。

どの項目も、現場を見ないと出せないものです。Webで調査をした場合、「〇㎡の場合」や「〇代別」等注釈がない金額は信用度が低いものになります。安さやお得さをアピールする会社より、丁寧な説明を行う会社を選択しましょう。

 

(2020年3月12日再編集)